ETCゲートの安全な通過のしかた

2014.3.5|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

近年ETCが普及し、大阪や東京などではかなりの普及率となっています。

 
しかしながら、ゲートを通過するときに安全を無視して高速で通過する悪質な運転手が多く問題となっています。

 
ゲートを通過するさい基本的に時速20キロメートル以下で通過するようになっています。

 
近年北陸自動車道で時速20キロメートル以下で通過するようにバーが遅れて開く実験がされており、その結果非常に効果があることが実証されました。

 
現在では大阪や東京などの都市部で交通量が膨大な時間帯や場所を除き、バーが遅れて開くように調整されています。

 
このため、安全にバーを通過するためには、時速20キロメートル以下で走行するようにしましょう。

 
また、カードの挿し忘れや期限切れ等によって、バーが開かないことがあるため、いつでも止まれるように心構えを盛っておきましょう。

 
また、自分が大丈夫でも前方の車が急停車をする可能せもあります、そのような事態になった時に衝突したりしないように、しっかりと車間距離を開けて、前方の車が急に止まったとしてもしっかりと安全性を確保できるようにしておきましょう。

 
そうすることによってより安全にゲートを通過することが可能になります。