高速道路を走行する前にガソリンとタイヤを確認

2014.3.5|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

長距離の旅行や、県外の実家への帰省、あるいは仕事での出張など、自動車で高速道路を利用する機会は多く有ります。

 
有料道路であることから通行料金はかかりますが、一般道よりも速い速度で走行が可能なので、移動時間を短縮することができます。

 

また、信号などがないことから、一定のペースで走行できるため、ドライバーの疲労も軽減するといった効果も有ります。

 
こうした高速道路を走行する前に、自動車の点検を行うことで安全に走行することが可能になります。

 
高速道路上は、パーキングエリアやサービスエリアといった、飲食や休憩など様々なサービスを提供している設備が有ります。

 

ガソリンスタンドを併設している施設もあり、高速道路上での給油も可能ですが、それぞれの施設の距離が離れているため、燃料の残量がわずかな時に給油できないといった事態も起こり得ます。

 

ですから、高速道路に入る前に、給油をしておくことが重要です。

 
また、高速道路では時速80kmから100kmと、一般道よりも速い速度で走行するため、タイヤにかかる負担も大きくなります。タイヤが劣化した状態や、空気圧が適正でない状態でこうした高速走行をすると、ハンドルがとられたり、最悪の場合、バーストの原因となり、大事故につながる恐れもあります。

 
事前にタイヤの状態を点検し、安全に走行が可能かを確認する必要があります。