本線への合流は加速すること

2014.3.5|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

高速道路は、一般道よりも速い速度で走行することが可能で、信号などで停車することもないため、短時間で長距離を走行するのに便利なものとなっています。

 
高速道路は、その性質上、一般の道路とは様々な面で異なる事が多く、通行するドライバーはそのことを意識して利用する必要があります。

 
高速道路上で規制されている制限速度は多くの場合、一般道よりも速いことが多く、その運転もより慎重にならなければありません。

 

周囲の車両も同様に高速走行を行っているため、それらの挙動や距離感を適切に判断する必要があります。

 
また、ハンドル操作や減速など、速度が速いことで一般道を走行する感覚とは大きく違うため、速度の感覚に順応する必要があります。

 
高速道路に入る際は、合流レーンを走行して本線に進入しますが、この時、充分に加速を行っておくことが重要です。

 

加速が不十分な状態で合流を行うと、既に道路上を高速走行している他の車両の迷惑になる上に、追突事故などを引き起こす原因にもなりかねません。

 

合流レーンを使ってスムーズにスピードを出すことによって、こうしたことを防ぐことができます。

 
合流レーンは高速道路に進入する際、重要な役割を持っていますが、このスペースを利用して休憩などを行う大型車両なども多く、危険性の高さから問題視されています。