高速道路で困ったら

2014.3.5|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

早く快適に目的地まで行くことができる高速道路はとても便利なものです。

 
しかしここにはルールや守るべき事項があり、安全に通行できるよう、またトラブルなどで困らないように走行する必要があります。

 
やはり乗用車や大型車が高速で通行する道路であり、なにより安全が第一です。

 
高速を利用する場合は事前に必ず目的地まで通行するルートを確認しておきます。そしてサービスエリアやパーキングエリアといった場所を把握しておきます。

 
もし同乗者がトイレに行きたくなったり気分が悪くなったりする場合もあります。

 

そのような場合高速では路肩に車を止めることはとても危険な行為となります。

 

あらかじめサービスエリアやパーキングなどの場所を把握しておきます。

 
またおよその距離も把握しておきます。走行中にガソリンがなくなってしまっても容易に入れることができません。

 
サービスエリアでもガソリンスタンドがある場所も限られています。

 
余裕をもって走行することがとても大事です。

 
それでも万一何らかのトラブルで車が走行できないような事態になった場合、できれば広い路側帯に止めます。

 
そしてハザードランプを点灯し、三角表示板や発炎筒などで後続車に停止していることを知らせるようにします。