高速道路とは

2013.12.19|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

高速道路とは高規格幹線道路と呼ばれ、日本では名古屋と神戸を結ぶ名神高速が初めて建設されました。

 
それを皮切りに、日本国内には様々な高速が建設されて今でも建設が続いています。

 
基本的に日本の高速は有料となっており、距離に応じて料金が変わる仕組みになっています。

 
この道路の多くは制限速度が時速100キロメートルに制限されており、一部の山岳地帯などでは時速80キロメートルに制限されることもあります。

 
また、大阪や東京などにある都市高速では制限速度は時速60キロメートルに制限されているところがほとんです。

 
都市高速はビルの合間を縫って走るように設計されているため、カーブなどが多く制限速度はかなり制限されています。

 
また、高速にはいくつかのパーキングエリアが設置されており、長距離移動が多い高速利用者が休憩できるような場所が用意されています。

 
中には24時間営業のレストランやコンビニエンスストアなどがあり、夜間も走行する利用者に向けて営業されています。

 
日本では名神が最も商業車の利用が多い高速として有名で、多くの大型トラックが昼夜問わず走行しています。

 
また、近年では社会実験として、無料で開放している高速もあり今後の高速の無料化に向けて注目が集まっています。

carhbgif