料金所でお金が足りない時

2014.3.5|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

高速道路を走行していて、財布を忘れたりお金が足りないことに気づいた場合、特に慌てる必要はありません。

 
高速道路に入ってしまったからには、そこから抜け出すためには必ず料金所を通らなければならず、避けては通れません。

 
お金が足りないことに気がついたら、まずは係員にそのことを伝えます。
すると、バーを開閉してくれて、最寄りの事務所へ案内してもらいます。

 
最寄りの事務所へ着くと、氏名や住所の確認などの手続きを済ませて、10日以内に料金を所定の事務所へ持っていく仕組みになっています。

 
そのため、お金が足りないことに気がついても落ち着いて、対処すれば問題はありません。

 
お金が足りないことに気が付きパニックになって高速道路を逆走したり、ゲートを突き破ったりすることは犯罪行為になりますので絶対にしないようにしましょう。

 
人間は無知によりパニックになるとされています。

 
お金がない場合でもなんとかなると知っていれば、このようなパニックは起こりえません。

 
また、高速道路を利用する際には、十分なお金を持つようにするか、ETCカードなどを忘れないように事前にしっかりと確認しておくようにしましょう。

 
そうすることで、このような事態を避けることができます。